ふなっしーになりたかった

サラリーマンとしてそこそこ成功することを考えるブログ

ドトールに行けるようになりました

日本のカフェは安いと言われている。

物価が上昇していないこと、他の先進国に比べて賃金が伸びていないことなどが理由と思われるが、とにかく日本のカフェは安いらしい。

私がドトールを初めて利用したのは20台前半。新卒で入社した、1社目の会社に勤めていた頃だ。

当時、私の給与は手取りで18万ちょっと。都心で一人暮らしをしていた私にとって、その金額は生活するのにギリギリの金額だった。お昼代を浮かすために、実家組から離れて一人でおむすびを食べ、夜は主に乾麺のそばに納豆を絡めて食べていた。

乾麺のそばは、3食入って100円前後と、非常にコストパフォーマンスに優れた食材だ。納豆と合わせれば栄養バランスもそれ程悪くない。タンパク質不足が否めないところはあるが、完全栄養食品のたまご(10個180円)を合わせればそれも解決だ。1日500円以下で私は生きていた。

とある日、付き合いもあってドトールに行くことになった。

ドトールのアイスコーヒーは200円ちょっと。子供のお小遣いのような金額ではあるが、当時の私にとっては1日の食費の半分に迫る金額だ。乾麺のそばが2袋、納豆なら3個セットが3つ買える。当時は言えなかったが、私は「こんな無駄金、出来ることなら使いたくない」と考えていた。

実際には、カフェの役割はコーヒーだけではない。座る場所を提供し、喫煙者に対してはタバコを吸う場所も提供する。それはコミュニケーションの場であり、人と人とをつなげる場だ。

私は「水筒にコーヒー入れて来るから、外にしてくれないかな」と本気で思っていたが、そんなことを提案すれば、相手は帰ってしまっただろう。私は「非常にケチな人」か「非常に貧しい人」として認識され、あだ名は「水筒さん」になっていたのではないだろうか。水筒さんだぞ。

私は無理してドトールに入り、アイスコーヒーを飲んだ。本当はカフェラテを飲みたかったが、高かったのでアイスコーヒーを飲んだ。その選択は多分正しかった。

ドトールでの数分には大きな発見があった。私はそれまで「ちょっとしたコミュニケーション」をあまりに軽視し過ぎていた。人付き合いに大切なのは、たまに参加する飲み会などではなく、もっと小さなコミュニケーションの積み重ねなのではないか。

それから、人付き合いに対する考え方を改め、小さなコミュニケーションを大切にするよう心掛けた。小さなコミュニケーションから友人が出来る機会も増えた。

あまりの貧しさに実家に帰ろうか迷っていた時期もあったが、帰りたくない理由が出来た。人付き合いを続けるうちに、それは段々と増えて行った。辛い暮らしの中にも楽しみが増え、仕事もこなせるようになっていった。

人付き合いには多少のお金がかかったが、得るものは多く、稼げるお金もそれ以上に増えて行った。いつの間にか生活に困らないだけのお金が稼げるようにもなっていた。

私は今、ドトールで遠慮なくカフェラテを頼むことが出来るようになった。

サイドメニューもサイズ変更も思いのままだ。カフェラテLサイズを頼むことにもはや何の躊躇もない。ミラノサンドを頼むときに、財布の中を確認したりもしない。なんならそのままサンマルクカフェに移動してチョコクロを食べたって良い。

あの時ドトールに入らなかったら、私の人生はどうなっていたのだろうか。小さなことではあるが、人生の分岐点だったように思えて仕方がない。あそこで水筒さんになっていたら、私はいまだにドトールに入れず、水筒を持ち歩いていたのではないか。

私が今ドトールに気軽に入れるのは、きっとあの時無理してドトールに入ったおかげだ。今度お礼を兼ねて、またミラノサンドを食べに行こうと思う。

「誰にも負けないことを一つ作る」は効率が悪い

「誰にも負けないことを一つ作りなさい」

会社や転職市場での自己価値を高めるための考えとして、上司や転職アドバイザーなどから言われたことがある人も多いのではないだろうか。

これは完全に間違っているというわけでもないが、非常に効率が悪い考え方だ。そういったアドバイスをしてくる人は、大抵、自分が誰にも負けない何かを持っていると「思い込んでいる」か、理想をそのまま口に出してしまっているロマンチストだ。多くの人は、実務として使える誰にも負けない能力など持っていない。

ではなぜ「誰にも負けないことを一つ作る」という思想を持つ人が多いのか。話は単純で「出来るのであれば」間違いなく理想形の一つとして、誰もが納得する考えだからだ。

スペシャリストで構成された集団という構図には夢がある。最高のエンジニアが最高のものを作り、最高の営業が高い利益を乗せてそれを売ってくる。そして、それらを率いる最高の経営者。

映画でも漫画でも、創作の世界ではこういったスペシャリスト集団がよく登場する。それぞれの個性がわかりやすく、キャラが立って魅力的になるからだ。しかし、現実の私たちはそんなに個性的でもなければ、魅力的でもない。

更に、私たちには架空の物語に出てくる主役級のような才能もない。努力しても、「誰にも負けない」どころか平均よりちょっとマシになれるかどうかすらわからない。私たちの多くは「村人A」にすらなれず、存在すら認識されないその他大勢として生きている。

そんな私たちが、「誰にも負けないことを一つ作る」のは至難の業だ。

私たちは生きるために働かなければならない。才能の有る無しに関わらず、生きるためには無能の烙印を押されない程度の、最低限の評価を勝ち取り続ける必要がある。そんな私たちが取るべき戦術とは何か。

それは「チョイ足し」だ。手持ちのスキルにチョイ足しして、「そんなに凄いわけじゃないけど、この人便利」と思われるポジションを狙う。

  • 営業:0
  • 開発:60
  • 企画:20
  • 事務:10

のステータスの人がいたとする。本当はもっと細かく細分化されるが、サンプルはこれとする。

彼の専門は開発だ。部署も製品開発部に所属している。開発の際に企画に参加することも有り、企画力は少しだけ持っている。営業力は皆無だ。

専門が開発と言っても、社内には開発力80以上の猛者が沢山いる。彼のステータスは中の下くらいだ。もう少しで落ちこぼれとして認定されるギリギリのところにいる。

彼が開発力を60から70にするためには、かなりの労力を要する。しかし、0の営業力を20にするのはそれ程難しくない。趣味でもなんでも、始めたての頃はドンドン上手くなるが、ある程度以上になると伸び悩むのと同じことだ。

こういったケースでは、営業力を最優先で「ちょっとだけ」強化し、可能であれば企画や事務能力も「ちょっとだけ」強化すると、「評価を受けやすい環境」を作りやすくなる。

「開発が営業力つけてどうするの?」と思うかもしれない。しかし、これが思った以上に役に立つ。営業力を20まで身に着けると「営業のことをわかってくれる開発者」として共感を集めやすくなり、他のハイスペック開発者を差し置いて様々な相談が舞い込んでくるようになる。また、事務能力を鍛えることで、電話など顧客対応の機会が発生した時にも「あいつは他の開発とは違う」と評価されるようになる。

これはわかり易い例だが、会社の業務に関わるスキルであれば、同じように「誰かしら評価してくれる」という状況を作るのに役に立つ。上司は自分だけを見て評価しているわけではなく、周りの人の言動や行動も見ている。それはサブリミナル的に刷り込まれる。

評価というのは、どれだけ厳密にしたつもりでも、かなり曖昧になるものだ。

「あいつよく相談受けてるな」 「エンジニアなのに電話対応しっかり出来てるな」

こう思われると、例えそれが評価指標に入っていなかったとしても、「あれはあれで役に立つ能力」と勝手に加点されて評価されるようになる。

大企業では組織がしっかりしているため、この作戦はあまり生かせないかもしれない。しかし、中小企業では組織なんて曖昧なものだ。どうせ評価基準も曖昧なのだから、それを利用してやれば良い。

誰にも負けないことを作るためには、優れた才能とたゆまぬ努力が必要だ。しかし、才能も無ければ、そんなに努力もしたくないというのが普通の人なのではないか。

そんな普通の人が目指すべきなのは、効率の良い努力だ。

出来るだけ少ない手間で、出来るだけ多くの評価を得ることを考える。自分の業務を限定せず、幅広い人から評価を得るための能力形成を考える。やみくもに努力するのではなく、頭を使って生き残るための策を練り、実行する。

そんな考え方つまらないと思う人もいるかもしれない。しかし、このやり方にはスペシャリストとは異なる可能性がある。

幅広く色々やることで、今まで気づかなかった自分の才能を発見出来るかもしれない。今までやってこなかった分野の経験が、自分の専門分野でも生かせるかもしれない。関わる人が増え、良い師匠に出会えるかもしれない。色々やった結果、ジェネラリストとして大成するかもしれない。

もちろん、専門性を突き詰めたいという人はそうすれば良い。そう思えること自体が才能かもしれない。

だが、それが出来ない、やりたくない人にも、色々道はある。

誰にも負けないことが無くとも、誰もが認める実力者になれる可能性は十分にある。

手段を問わず努力を重ねても、自由を手に入れられる人は極少数なのではないか

d.hatena.ne.jp

こちらの記事は

  • 好きなことと稼げることが一致するかどうかはその人次第
  • 好きなこと、嫌いなことは時間と共に変化する可能性がある
  • お金があれば好きなことをやる自由を手に入れることが出来る
  • お金を稼いで(稼ぐ手段を作って)蓄えを作れば、好きな(嫌いな)ことが変化しても、好きなことを選べるようになる

という趣旨で書かれており、結論として「お金を稼ぐ(稼げる)手段を作り、蓄えを作ろう」という提言がされている。

私の生き方・考え方とも合致しておりもちろん賛同するのだが、一つ疑問が沸いた。 これで「心の底から気持ちよく好きなことをやれる」状況に辿り着ける人はどの程度いるのだろうか。

「好きを仕事に」とは、どういったケースを指すのか。極端なケースであればわかる。芸術家や音楽家、スポーツ選手などはこれに当たるだろう。マスコミ対応など好きではないことを行わなければならないこともあるだろうが、多くは本業のために時間を割くことになるだろう。

しかし、会社員という立場になると難しい。メンバーシップ雇用型の日本では、社員の職務は多岐に渡る。ゲームが好きな人がゲーム会社に就職したからといって、それを「好きを仕事に」と言えるかというとそんなことはないだろう。大好きなゲームを制作する会社で、大嫌いな顧客折衝を行う必要が生じることもあるだろう。

2016年度の日本の就業者数は、約6440万人。役員を除くと5372万人。就業者の約83.5%が会社員として働いていることになる。ごく一部にジョブ型雇用の人もいるかもしれないが、多くの人はメンバーシップ型雇用だろう。

つまり、ほとんどの日本人は、提言されるまでもなく「好き嫌いではなく、お金を稼ぐ(稼げる)仕事に従事し、いつか(老後)自由を手に入れるために、蓄えを作ろうと頑張っている」のではないだろうか。

元記事にはこんな一節が登場する。

そういう場合に、好きな事ができるかどうかは、結局、金の問題に帰着する。

私もその通りだと思う。お金があれば稼ぐ必要はない。稼ぐ必要が無いのであれば、好きなことをやれば良いのだ。

問題は、嫌いなことでも受け入れて稼ごうとしているのに、結局稼げない人が多いという点だろう。ほとんどの人は、大した蓄えも作れず、その好きなことを選べる時期が来る前に健康寿命を迎えてしまうのではないだろうか。

元記事では、好きなことと稼げることが一致している人を「一致タイプ」、一致していない人を「不一致タイプ」と呼んでいた。好きなことが無い人のことは「不在タイプ」と呼んでいた。

では稼げることが無い人は?

「好きを仕事に」の欺瞞については、私もその通りだと思う。

しかし、今の日本で「好き嫌い問わず、稼げることでしっかり稼いで自由を手に入れる」ことは本当に可能なのだろうか。

「好きを仕事に」した結果、稼げず辛い思いをするのは不幸かもしれない。「好き」が変わってしまうリスクがあるというのもその通りだろう。しかし、嫌いなことを我慢したが稼げなかった人も、同様に不幸なのではないだろうか。

「好きを仕事に」に極端に傾倒しないと同時に、「自分に適した稼ぎ方」を模索する必要があるだろう。

ふなっしーになりたかった

中学生の頃、技術工作の授業で「発明品を考えなさい」という課題が提示された。

当時MDプレイヤーに強い興味を持っていた私は、「パソコンのようなHDDに保存できれば、もっと大量のデータを持ち運べるのではないか?」と考え、HDD型音楽プレイヤーの提案を行った。

もちろん、当時の私には作り方はわからない。だが、例としてあげられた「空が飛べる車」に比べれば、比較的現実的な提案のように思えた。自分の提案に自信があったわけではないが、懸念点なども自分なりに調べたり、そこそこ頑張って作り上げた自負はあった。

しかし、提案の結果は散々だった。

「もっと大きな発想をしないと駄目」「興味が持てない」「出来ると思えない」など、辛辣なコメントが並んだ。生徒からの評価であればまだしも、技術工作の教員からこういった評価をされるとは思ってもみなかった。ノートPCも一応は存在しているというのに。

この件以来、大人に自分の発想を伝えるのは辞めた。これからは、自分で作り上げて自分で発信していく。そう決めた。

高校に入り、念願のデスクトップPCを手に入れた。

当時はまだパソコン通信からインターネットに切り替わったばかりの時代。GoogleAmazonのような覇権企業も存在せず、未開の地が広大に広がっていた。何の知識も持っていないにもかかわらず、「ここが自分の戦場なのではないか?」と無意識に感じていた。

何かこの未開の地でビジネスをやってみたい。まずは出来ることから、と古本屋でperlの本を立ち読みして掲示板を作ってみた。Yahoo掲示板など人が集まるところで宣伝し、当時唯一のASPだったサイバークリックの広告を貼って運営を始めた。

レンタル掲示板は儲からなかった。英語を必死に調べながら取得したドメイン代も、レンタルサーバ代も回収できなかった。

その頃、Web市場ではポイントサイトやアフィリエイトサイトが流行りだしていた。当時捻くれた子供だった私は、「そんな社会悪に手を染めなくても、自分ならWebサービスで一発当てられる」と、馬鹿にしていた。当時最新技術だったjavascriptも勉強し、自分の思う面白いサービス、良いサービスを色々作ってみたが、結局何一つ受けなかった。

若い時期にありがちな、「自分は何かを持っている」という勘違いがあったのだろう。儲けるチャンスに接する機会も何度かあったが、「自分はこいつらとは違う」と頑なに拒否を続けていた。

高校生で起業を夢見て、その後も色々やってみた。

友人の父が経営する会社のホームページを作ったり、農家から仕入れた農産物をヤフオクで売ったり、海外のデスクトップ広告を物理的にハックしたり(物理的にマウスを自動操縦など)。

段々と泥臭い素人ビジネスに進んで行ったが、まだ自分の才能を信じていた。

大学に入っても、状況は変わらなかった。

私はとにかくビジネスがやりたかったのだが、友人の興味は皆色恋沙汰だった。大学に入れば仲間が出来るかもと期待していたが、私の話に興味を持つ友人はいなかった。期待していたコンピューター関係の講義も、私の期待するものではなかった。

段々大学に行かなくなり、ビジネスへの興味も急激に失せていった。

私がそこからはまったのは、ネットゲームとテキストサイトだった。生産性も何もないが、テキストサイトにはかつての「自分は何かを持っている」を感じさせてくれる何かがある気がした。だが、私は何も持っていなかった。2年程度でひっそりとサイトを閉鎖した。

私は何も持っていなかったことを全て理解し、卒業後、サラリーマンとしての道を歩むことを決めた。「大多数のうちの一人で良い、自分に出来ることをやっていこう」と、小さなシステム会社に就職した。

サラリーマンとしての日常は甘くなかった。莫大な量のサービス残業に、上がらない給与。そんな状況に良くも悪くも慣れたタイミングで、久しぶりに衝撃を受ける出来事に出会った。ふなっしー氏の登場だ。

みうらじゅん氏が好きだった私は、ゆるキャラには一定程度の造詣があった。「ゆるキャラがブームが今後来るのではないか?」という思いもあったが、自分には関係のないことと考えていた。

しかし、ふなっしー氏は違った。勝手に参戦し、勝手に行動し、勝手に売れて勝手に成功してしまった。

私も、色々な市場に勝手に参戦してきたとは思う。勝手に行動もした。だが、一度も売れず一度も成功しなかった。

理由は色々あるだろう。私にはふなっしー氏程の行動力は無いし、収益化を上手く進める手腕も無い。道化になりきることも、無駄なプライドが邪魔してできない。

しかし、サラリーマンとして落ち着いてしまった今、一つだけわかることがある。私が目指していたのは、ふなっしー氏のような人生だった。誰かが用意してくれた道ではなく、自分で道を切り開いて成功したかったのだ。

私は、ふなっしーになりたかったのだ。